有機ハイドライドを利用した水素を常温常圧・液体で貯蔵・供給するシステムです。クリーンな新エネルギーである水素を、 より安全・容易に取り扱うことができます。

フレインテクノロジー

  • HOME »
  • フレインテクノロジー

フレイン・エナジーの目指すCO2 フリー水素社会モデル

有機ハイドライド技術

フレインテクノロジー3つの特長

1.高純度
FCV や燃料電池には高純度な水素が必要です。
フレインテクノロジーは独自の触媒技術により、燃料電池に有害な成分を含まない高純度な水素を有機ハイドライドから供給します。
より高い純度が必要なケースでも精製が容易です。
MCHから水素を取り出し需要先に供給する装置
2.ちょうどいい
プラントサイズの水素設備は大きすぎる。
フレインテクノロジーはニーズの分析と最適化により「ちょうどいい」を提供します。
自動車や船舶、鉄道に搭載するオンボードタイプから水素ステーション向けの定置型、風力や太陽光などの再生可能エネルギー向けの大型タイプまでニーズに合った機器をお選びいただけます。
ちょうどいい
3.高効率
電気や熱の運び手である水素を有効に活用するためには、貯蔵・供給にかかるエネルギーを少なくすることが必要です。
フレインテクノロジーの有機ハイドライド技術は熱効率を高め、少ないエネルギーでの水素貯蔵・供給が可能です。
高効率な水素供給装置は燃料電池と組み合わせにより災害時などの自立型電源として活用可能です。
高効率
PAGETOP
Copyright © 株式会社フレイン・エナジー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.