有機ハイドライドを利用した水素を常温常圧・液体で貯蔵・供給するシステムです。クリーンな新エネルギーである水素を、 より安全・容易に取り扱うことができます。

高密度水素貯蔵装置

水素をMCH に貯蔵

再生可能エネルギーとの
組み合わせに最適

●150kW ~ 15MW クラスの発電設備に対応

風力発電や太陽光発電など不規則・不確定に変動する再生可能エネルギーとの組み合わせに最適です。

変動の大きい再生可能エネルギーに対応可能

<当社実証例>
再生可能エネルギー由来水素の貯蔵結果

再生可能エネルギー由来水素の貯蔵結果

装置のフロー図

供給された水素とトルエンを反応器内に送り触媒で水添反応させて高純度なMCH(メチルシクロヘキサン)を生成します。
水素は全てMCH として貯蔵され、ロスがありません。

TOL=トルエン

TOL=トルエン
MCH=メチルシクロヘキサン

スペック

反応温度 180-200℃
反応圧力 0.7MPaG(高圧ガス保安法適用外です。)
生成物純度 95%以上(MCH)
水素貯蔵能力 30N ㎥ /hr ~ 3000N ㎥ /hr(大容量もご相談ください)
PAGETOP
Copyright © 株式会社フレイン・エナジー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.